2012/04/19 : 京都のイベント

えほんとパノラマ写真から考える3.11とこれから

表ブログ「QTVR Diary」の最新記事でお話しました通り、今週末に開催するトークイベントのための展示会が4月16日から開催されています。

そのギャラリーの展示風景を今日はお伝えします。
実は自分が展示するイベントは、実に20年振りという、今までやってなかったのがお恥ずかしい限りです。特にパノラマ屋になってからは、殆ど印刷することが無く(印刷する資金が無いという現実が大きかったですが)、展覧会なんて夢のような行為でしたが、今回はどうしても"しなきゃいけない"活動だと思い、色んな方の支援で開催することが出来ました。関係各位の皆様に心から御礼申し上げます。

で、この展示ですが、30インチ幅のロール印画紙出力で刷ったパノラマ写真、しかも2011年と2012年の『同じ場所/同じ日/"ほぼ"同じ時刻』の写真を上下並べて配置して、客観的に見比べられるようにしてあります。簡単な解説文も付けてありますので、注目ポイントを中心にご覧頂けることでしょう。

大伸ばしにしたパノラマ写真の迫力は、色んな方の思考に訴えるものがあるようですが、その反応はボクの予想を遥かに超えるものでした。
その反応をダイレクトに受け止めながら、今週末のトークイベントに望みたいと思います。
入場制限はありませんので(予約制というのは、狭い店内で椅子が限られているのでその椅子の分だとご理解下さい)、どうぞお気軽にお越し下さい。詳細は、表ブログの上記リンクを参照して下さい。

全エントリーリスト

全エントリーリスト
ブックマークにオススメです

RSSフィード

アーカイブ


counted since 2008/09/16