2011/10/27 : 京都のイベント

Jelly! Kyoto@小脇 vol.1

今日のお昼はホントに暖かかったですねぇ。こんな日は、仕事をほっぽり出して、お外に出かけたくなっちゃいます。

というワケで、ウチのご近所さんの「京都リサーチパーク町家スタジオ」のスタッフさんからご招待を受けて、今日は最近出来たコワーキングスペース「小脇」で開催されていたイベント「Jelly! Kyoto@小脇 vol.1」に行って来ました。このイベントは、ヒトコトで言うと「コワーキング(Coworking)を体験するイベント」です。

さて、余り聞き馴染みの無い言葉が出て来ましたヨ!
「コワーキング」とは、最近少しだけ流行ってる、ノートPCを始め自分の仕事道具を持って集まり、各々が自分の仕事をしつつも、そこで自由に情報交換や交流なんかを"ゆるぅ〜く"やるスタイルのこと。特に、自分のオフィスを構えずに好きな場所で好きな時に仕事をする"ノマド"なフリーランスのデザイナーやプログラマーさんがやっちゃってる、新しいムーブメントのようです。

ボク自身もフリーランスのWeb屋として10年やってきて、仕事場は夜は自分の家ですが、昼は自宅よりも、行きつけのカフェにノートPCを持って、バッテリーが持つ限り延々と仕事してました。この一番のメリットは、息抜きがしたい時に"誰か"が居てくれる、ということ。そして適当に構ってくれて、仕事に戻りたい時には放っておいてくれること。この我が儘なニーズに応えてくれるのが、この"行きつけカフェ"のとっても大きな魅力でした。

でも、そんな店でも、電源が無かったり、ネット回線が無かったり、たまに仮眠したくても出来なかったり...、そんなデメリットがあったりもします。

その上記のデメリット省きつつもメリットを出来るだけ活かしたスペースを提供し、さらに集まった人達の交流から、さらに面白いアクションが相乗効果によって生まれることを期待しているのが、この「コワーキングスペース」という場所です。

京都でも今年に入って幾つかのコワーキングスペースが登場していますが、その一カ所であったイベントにお邪魔して、パノラマを撮らせてもらいました。こういう空間がもっともっと増えると、色んな人との交流が出来て、ボクらのようなマイナー業種も、色んな人たちに知ってもらえるんじゃないかなぁ。どうかなぁ?

全エントリーリスト

全エントリーリスト
ブックマークにオススメです

RSSフィード

アーカイブ


counted since 2008/09/16