2011/07/15 : 祇園祭2011

【祇園祭2011】宵々山 函谷鉾

今年の祇園祭は、予想通り、すっごい人で賑わっています。
全国的に早い梅雨明けに京都も準じ、さらに山鉾関連行事の頃は天気予報に雨マークが一切無いという、近年稀に見る絶好の祇園さん日和。
しかも今年は宵山が土曜日、山鉾巡行&神幸祭が日曜日(さらに言うと、その翌日が振替休日で休み!)という、3連休になっていますので、全国各地からこの祇園祭を見に来るのが、もう既定路線のようになっているようです。

震災の影響で海外からの旅行者が減ったダメージが、こんなところで挽回できるなんて、思っても見ませんでした。
そして蓋を開けてみたら、朝晩の涼しさが、京都に珍しく日中の過ごしやすさを作っていて、湿気が無いせいか、案外と嫌な暑さじゃ有りません。京都でこんなに過ごしやすい夏は、ボクが京都に来て17年目にして、初めてかも知れません。

空は雲ひとつ無い絶好の観光日和で、カメラを肩から掛けてる方を本当に多く見かけます。そりゃ、こんな時に撮らなくて、いつ撮るんでしょう!

...とは言うものの、京都でずぅ〜っと写真を仕事にしてる人達は、この人ごみは、ハッキリいって勘弁して欲しいものです。移動のひとつも出来やしない。参りました。なので今年は、曵き初めも撮ったんですが、余りの混み様で、もしかしたら良いショットが無いかもしれません。

その罪滅ぼしもあって、今年は初の試みで、宵々山の歩行者天国になっている四条通から、通称"マジックアワー"の時間を狙って、喧噪に佇む鉾を撮ってみました。もうちょいと訓練要るかなとは思いますが、雰囲気は掴めるんじゃないかなと思います。

何せ今年は本当に人でいっぱい。感覚的には、この宵々山の人出は去年の宵山ぐらいあるんじゃないかなと思います。
...ってことは、明日はいったい、どのくらいの人が押し寄せるんでしょうか。今から想像するだに恐ろしいです。明日は撮りに行きたく無いなぁ(苦笑)

一応、NHKさんが夕方の祇園祭を完全生中継するらしいので、人ごみを嫌う方はそちらで楽しまれてみては如何ですか?(笑
もちろん、その横には、このブログで撮り貯めて来た、今までの祇園祭のパノラマがありますよね?

全エントリーリスト

全エントリーリスト
ブックマークにオススメです

RSSフィード

アーカイブ


counted since 2008/09/16