2006/10/14 : 京都の名所

通称「名和神社」

 先月この地に引っ越して来て、今日がちょうど一ヶ月目です。家具もようやく一通り揃い、やっと安心して暮らせるような環境になりました。
 前に住んでいた千本五辻は比叡山から北野天満宮までの旧街道にあたり、今でも商いを営んでるところが数多く残り、住人の感覚もどちらかというと職人気質の西陣とは一線を画しています。
 それが今の場所は、モロに西陣です。機織りの音こそしないものの、朝早くに人が動き始め、夕方は何と4時ぐらいから家路につく人がチラホラ。とにかく人のタイムラインが現代とは全く違います。人付き合いもちょっと難しそう。でもそんなバリバリの西陣気質もこれから慣れなくてはなりません...というか、それを楽しみにしていきたいと思います。

 そんなココ大宮一条下ルですが、眼につくのはそこそこ大きい鳥居の奥に鎮座している巨大な石碑。そして鳥居の横に掲げられているのは「名和長年公殉節之地」という碑。転居先の裏にあたるココは、南北朝時代に一世を風靡した後醍醐天皇が隠岐に流刑され、再度京都に攻め入るときの名4将(三木一草)の1人、名和長年(なわ ながとし)が戦死した地でありました。

 引越前からなんだか誰かに見られているようなオーラをヒシヒシと感じ、引っ越してからもその禍々しい雰囲気に、立ち入ることを躊躇っていました。
 しかし地域の住民はなんら問題なく"憩いの場"としてココを活用しているようです。地蔵盆はココで盛大に行われるようですし、数年前までは区民運動会の慰労会(この辺では「足洗い会」と呼んでいます)もココでしていたそうです。西側には児童公園になっているので、絶えず子供の声が聞こえますし、井戸端会議のオバチャンの声や、楽器の練習をしている若い人など、様々な年齢層の人たちがココを利用している様です。

 未だになんだか視線を感じているこのオーラ、よくよく思うと、どうやら地域全体を見守っているかのようにも思えます。
 但しココ、昭和14年に整備されていまのような形態になったそうですが、その前は「立ち入ると祟られる」と謂れ、誰も近づかないところだったそうな・・・何だかなぁ(苦笑)。

コメントする

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧:
通称「名和神社」

このブログ記事に対するトラックバックURL:
http://pencil-jp.net/mt/mt-tb.cgi/822

京都市上京区大宮通一条下ル梨木町
西側は児童公園になっています。
完全公開/無料

こちらも参考になります。
Wikipedia

All About スタイルストア All About スタイルストア
Cassina ixc. Design store(株式会社カッシーナ・イクスシー) MoMAstore
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 【ANA SKY WEB TOUR】国内旅作・お買い得情報
【ANA SKY WEB TOUR】海外バーゲンホテル 【ANA SKY WEB TOUR】国内・海外お買い得情報
宿・ホテル予約ならじゃらんnet

全エントリーリスト

全エントリーリスト
ブックマークにオススメです

RSSフィード

アーカイブ


counted since 2008/09/16

VR Express

VR Express : 最短15分でお気軽にあなたのお手元にパノラマムービーを

京都・大阪・滋賀のパノラマ画像/VRムービー制作なら、「VR Express」が断然お得!
“速い、キレイ、使いやすい”の三拍子揃ったパノラマコンテンツを、お届けします。
高級不動産の紹介に、贅を尽くした商業施設の紹介に、臨場感たっぷりのイベントレポーに、現場のその瞬間の生々しさを使える報道の現場に、ぜひ「VR Express」をご活用ください!

QTVR Diary

京都・日本・世界のパノラマムービー情報 : QTVR Diary

京都・日本・世界のパノラマムービー情報 : QTVR Diary

国内外の最新のパノラマ情報を配信している「QTVR Diary」では、パノラマ撮影・ムービー制作に関するハードウェア/ソフトウェアの紹介や制作時のTips、英語ソフトのチュートリアル和訳、国内外のおすすめパノラマサイトの紹介などを行っています。またパノラマコンテンツの新しい手法を提案するため、様々な表現手法を凝らしています。パノラマ写真/ムービーに興味を持たれたら、ぜひこちらもご覧下さい。